ギ〇〇プを小さくすれば回数券が売れます

柿木園です。

 

あなたの治療院に回数券がありますか?

それはいつ作りましたか?

その回数券は本当に患者さんにとって良い回数券ですか?

 

いきなり質問攻めしちゃいましが

今日は「ベストな回数券」つまり”売れる回数券”

の作り方をお伝えします。

 

当院にも回数券があります。

多くの患者さんが回数券を買ってくれてます。

 

しかし昔は回数券が全く売れませんでした。

回数券が売れないと、リピート率が下がります。

回数券が売れないと、売上も下がります。

苦しい時期でした。

 

===============
回数券が売れるようになった理由
===============

私は1年間で6回も回数券を作り直してます。

なぜ、そんな頻繁に作り直したと思いますか?

 

答えは1つです。

「患者さんにとってベストな回数券」

を追い求めたからです。

 

それを追い続けるために何回も作り直しました。

最初に作った回数券は

私のために作ってました。

 

そして、こんな感情で売ってました。

「リピート率を上げるために回数券を買ってもらおう」

「売上を増やしたいから回数券を買ってもらおう」

 

こんな感情を持っていたら

患者さんに見透かされます。

 

そりゃー、売れないわけです。

私は試行錯誤しました。

 

割引を大きくしたり、小さくしたり

3回、5回、10回、15回、20回と回数を変えたり

1ヶ月フリーパス券、年間パスを作ったり。

 

そして2ヶ月前に作り直して

現在の回数券にたどり着いてます。

 

でもこれで完成ではないです。

もっと良い回数券が出来るかもしれません。

 

実は来年に向けて、また作り直そうと思っています。

 

なぜ、そんな頻繁に作り治すと思いますか?

「患者さんにとってベストな回数券」

を追い求めてるからです。

 

===============
簡単にベストな回数券の作る方法
===============

あなたは誰のために回数券を作り直しますか?

患者さんですよね。

 

それなら患者さんに聞くのが一番早いです。

もちろん不可能な要求をしてくる患者さんもいるかもしれません。

 

でも、それが患者さんの本心なんですよ。

 

患者さんの本心

あなたの本心

 

にギャップが生まれるのは仕方ないです。

 

でも、そのギャップを小さくすれば

回数券は売れます。

 

柿木園 純平

コメントを残す

CAPTCHA