鍼灸を絶対に消えない仕事にしようぜ!

消える仕事、消える仕事ってうるせんだよ!ってあなた(私)へ
====================

この数年、消える仕事が
ネットを賑わせています。
まあ、実際
どんどん仕事が消えているのは事実。。。

僕が今いるのはイオンの中のスタバですが
イオンではレジ打ちがなくなって
バーコードがお客さんが自分で読み取り
自動精算機でお支払い…

はい消えた!(古い…)

みたいな感じでレジ打ち要因を減らすための
伏線をはっていますね( ;∀;)

 

また今後、自動運転の車が
どんどん出てくることになれば
タクシーやバス
類似で新幹線やパイロットなど
運転系の仕事はなくなっていくかもしれません。

 

ヨーロッパのどこかの国では
税理士という仕事がすでにない、
という話も聞きますし

ネット広告のAI化などもどんどん進むでしょう。

 

またジョニーデップの
トランセンデンスという映画のように
医療を超越して医師いなくなるかもしれません。

 

どうなるかわからないし
鍼灸という技術のみが残って
鍼灸師がいなくなる可能性もあります。

そんななかで中期的には
こんなことを見据えていなければ
この仕事がなくなる波に飲まれて
消えていくのはほぼ確実なようです。

 

でも、消えない仕事にするためには
どうすればいいのか?

今、どう動くべきなのか?
見解をお話ししています。

 

 

コメントを残す

CAPTCHA