値上げに失敗しない方法

今日は値上げの話。

先生は値上げするのは怖いですか?

 

怖くないのであれば

値段を上げない理由なんですか?

 

多くの場合、値上げが怖い理由は

既存の患者さんを失うイメージをするから。

 

来てくれている患者さんが

値上げ後にパタッと来なくなる。

 

よくある話です。

そりゃそうです。

 

 

価格も含めて価値なので

価格が変われば価値が変わります。

 

価値があるから来てくれるわけで

 

【この価格では価値がない】

そう判断されたら来なくなります。

 

 

値上げ、というより

価格の変更は

============
商品そのものが変わること
============

 

そんな風に理解しておくといいですね。

 

 

 

例えば極端な話ですが

八百屋さんがラーメン屋さんに変更した。

 

商品が変わるというのはそういうことです。

もちろん極端な話ですけどね。

 

 

ただ、先生の治療を

5000円なら安い!と思っている人に

 

明日から8000円

と伝えたら

(5000円だから安いけど8000円なら定価)

 

と思われた時点で

違う商品となるわけです。

 

 

必要なものか

ほしいものしか人は買いません。

 

どうでもいいものに

お金は払わないんです。

 

 

そのため

価値>>>>価格

 

この方程式があるからこそ

人は商品を買ったり

治療を受けたりしてくれます。

 

 

そしてこの価値を決める要素はさまざまで

技術力のほかにも

 

・ほかでは対応してない

・先生と一緒にいて心地がいい

・近い

・駐車場がある

・仕事の帰りに寄れる

・遅い時間までやっている

・空間にいるだけで癒される

・予約が取れない

 

などなど

様々な要素があります。

 

 

そのため値上げを検討するときには

=============
いかに患者様の目線で
治療院に行く価値>>>価格
を提供するのか?
=============

これを追及していくことです。

 

そしてそれを知っているのは

誰だと思いますか?

 

はい、患者様たちです。

 

患者様たちが望んでいることを

聞きだし続けることが

ご自身の院の価値を高めてくれますよ。

 

コメントを残す

CAPTCHA